調査報告書の例

    ―  目次  ―
  第1章 診断概要       第2章  調査内容・調査診断結果に
                                  基づく所見及び調査結果
     1-1 建物概要           2-1 タイル打診方法
     1-2 調査目的             ◆ 調査診断結果に基づく所見  
     1-3 調査実施日         2-2 損傷図・損傷数量表
                             2-3 写真台帳
   1-1  建物概要 (例)
    【 名    称 】○○マンション       【 階    数 】5階建て
    【 所 在 地 】東京都○○○         【棟数・戸数】2棟24戸
    【 敷地面積 】○○○u             【 構    造 】鉄筋コンクリート
    【 建築面積 】○○○u             【 外    壁 】磁器タイル
    【 延床面積 】○○○○u           【 施    工 】昭和○○年○月 築20年
   1-2 調査目的 (例)
    当建物は経年変化による劣化及び偶発的な地震・風水害等による磨耗、損傷を
    受けていると思われます。 これらの影響によって生じる外壁劣化・故障等は、
    美観上だけでなく構造物等に重大な影響を与え、更に落下・崩壊等の第三者被
    害につながりかねません。本調査では(タイルの落下)タイルのひび割れ・
    タイルの浮き爆裂等、建物の劣化状況を調べ、今後の保全対策等に関する資料とする物であります。
     2-1 タイル打診方法 (例)
      @タイル面の近接目視や打診棒により打診調査を行う。
      Aタイル面からの反響音の高音・低音の違いにより判別し図面に記入する。
        また、損傷及び変状が認められる部位は範囲・大きさの分布状態を測定し
        て図面に記録し、撮影を行い、報告書に反映させる。
  ◆調査診断結果に基づく所見
    当ビルは、RC構造による現場タイル貼りの建物であります。RC構造の建物は、約10年〜20年で
    タイルが浮く傾向がある。当ビルは車等が通る道に面しており又、その影響も受け易く建物に振動が伝
    わりタイルの浮きを促進させる傾向がある。建物の開口部周辺に浮きが多く確認されており、ベランダ
    内の浮き等に関しては緊急に補修する必要はないが、建物上部からタイルの落下する恐れのあるタイル
    浮き割れ及び爆裂に関しては緊急に補修工事する必要があります。
    2-2 損傷図・損傷数量表
     損傷図(例)
    
                                                                                                          
   損傷数量表(例)                                                              単位(枚)  
東面南面西面北面共用廊下1-5階階段1-5階合 計
欠損1091101323695215787
浮き389284490924636692792

SIDE MENU

ゴンドラ打診調査

屋上からの調査

2-3写真台帳

写真台帳(例)

お気軽にお問合せください

ご相談・お見積は無料です!

大規模に修繕工事を行う前に、外壁調査を行いますと修繕箇所の優先順位や(効率的)・やらなくてもよい工事を行うことも無く(経済的)に、工事計画をたて工事を行えます。

《お問合せフォームはこちらから》